美しく歩く!歩行動作の重要性と歩き方のポイント

大阪市天王寺(あべの)を中心に女性のダイエット、ボディメイクに強いパーソナルトレーナーとして活動している松方裕之です☺︎

 

足だけが痩せなかったり、全体的に痩せることができたけど、何かいまいち健康そうには見えない。

 

そうなった時に見直すべき点としては、「姿勢」があります。

 

姿勢は近年では、たくさんの方が気にするようになってきたかなと思います。(それでもまだまだ少ない。)

 

それもそのはず、脚痩せや肩こり、腰痛。いろんなことの原因がこの姿勢が関わっていることがほとんどだからです。

 

しかし、「姿勢」を気にする方は多くても、「歩き方」を気にする方は少ない気がします。これはなぜでしょうか?

 

実際に姿勢はかなり大切ですが、人が姿勢チェックの時のように止まっていることって、ほとんどないですよね。

 

人は生まれながらにして、動いている生き物です。

 

その中でも歩行は皆さんが絶対にする動作です。(呼吸もしかり)

 

今回はこの歩行動作を考えてみましょう!

 

歩行が美しくなると、どうなる?

 

歩行が美しくなると、どうなるか?

 

1つは、脚の筋肉の使い方が良くなり、脚痩せする。

 

歩行時の間違ったカラダの使い方は、特に地面に一番近い脚の筋肉の使い過ぎを助長してしまいます。

 

それが原因で、脚の筋肉の過剰発達などにより、筋肉太りを引き起こします。

 

2つ目は、歩くだけで体幹をしっかり使うことができます。

 

どんなにトレーニング中にお腹周りの筋肉が効いているようなトレーニングができたとしても、日頃使えているかどうかはまた別の話です。

 

逆にトレーニングで使うよりも、日頃体幹が使えていることの方がよっぽど大切です。

 

なぜなら、トレーニングしている時間よりも、歩いたり立っているだけの時間の方が圧倒的に多いからです。

 

キレイな歩行は体幹をしっかり使うことができます。

 

キレイな歩行のチェックポイント

 

キレイな歩行のチェックポイントを見ていきましょう!

 

  1. 重心の移動を見る
  2. 体幹がニュートラルかを見る
  3. 後ろ脚の進展角度を見る

 

歩行のチェックポイント1:重心の移動を見る

 

歩行とは倒立振り子運動で、頭の位置が上下左右に5センチほど揺れながら歩いています。

 

これがうまくいっているかをチェックします。

 

 

この上下左右の移動が大きすぎると、脚の姿勢を保持する筋肉の機能低下や、関節の可動性に問題があるかもしれません。

 

歩行のチェックポイント2:体幹がニュートラルかを見る

 

ポイント2は、体幹がニュートラルかを見ます。

 

ニュートラルとは、その物体が一番正常な位置を表し、一番負荷が適切にかかっている位置を言います。

 

歩行時の体幹のチェックすべき点は、

  • 頭ー背中ーお尻が一直線で垂直かどうか
  • 左右の腰骨と10番目の肋骨が垂直かどうか
  • 胸郭が引き上がり、首の筒が垂直かどうか

 

 

これは立った時の姿勢チェックと同じ項目です。

 

歩行のチェックポイント3:後ろ脚の進展角度を見る

 

ポイント3は、後ろ脚の角度が体幹に対して20°後ろに伸びているかどうかを見ます。

 

 

この20°という進展角度が人の脳に良い影響を与え、歩行動作のリズムやパターンを形成させます

 

逆にこの角度が乏しいと、歩行動作にリズムが生まれて来ず、チグハグな動きを繰り返すことになります。

 

この時、後ろ脚の膝が伸びた状態が正常な動きです。

 

まとめ

 

歩行動作が美しくなると、

  • 脚痩せ
  • 体幹を日頃から使えるようになる

 

歩行のチェックポイントは、

  1. 重心の移動を見る
  2. 体幹がニュートラルかを見る
  3. 後ろ脚の進展角度を見る

 

です。

 

歩行時のチェックポイントはこの他にも3つあります。

 

また次回の記事で紹介していきますね!

 

 

トレーニングや栄養のことに関してのご質問、その他お問い合わせをLINE@から受け付けております!

 

気軽にお友達登録は下のバナーをクリック!

 

 

パーソナルトレーナー松方裕之

The following two tabs change content below.
大阪市天王寺(あべの)を中心に活動しているパーソナルトレーナー。クライアントの割合も9割が女性で、その経験からダイエット〜美脚美尻づくりのためのトレーニングを得意とする。手厚くわかりやすいサポートであなたの理想の身体へ導きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です