MATSUブログ

何か新しいことをすることに「勇気」なんて必要ない!

【告知】

いつも親しくさせて頂いている、人生としてトレーナーとしての大先輩たちからご縁を頂きまして、大阪なんばに構えているプライベートジム、PM Performanceさんでパーソナルトレーニングをさせていただけることになりました。

スポーツクラブのみで業務委託契約として活動していた中、コロナウイルス感染拡大防止策としてスポーツクラブは一時的な営業休止。

お仕事をする場所が一時的に無くなった時に、「うちのジム使いますか?」「松方さんがやりやすいようにやっていいよ!」とお声をかけて頂いた先輩たちに感謝です。

この出来事を通してぼくもジムに何か還元し、与えていけるように努めていきたいと思います。

PM PerformanceのHPはこちら↓↓🙋‍♂️

PM Performance HP

新しいことをするのに「勇気」なんていらない!

新しい仕事、新しいプロジェクト、新しい趣味。

色々経験してみたいけれど、お金もかかるし、時間も必要だし、最後までやりきれるかどうか不安だ。

何か新しいことをするには勇気が必要だ。

わかる!

でも、果たして本当にそうかな?

何か新しいことをするのに、勇気って必要かな?

僕の考えは、NOだ。

僕の経験では、新しいことをするのに勇気なんていらない!

これは何かにチャレンジする回数が多ければ多いほどこういった思考になるはずなんです。

僕が今までに色んな経験をしてきた中でも、大きなチャレンジを時系列で書くと、

  1. 小学校で友達になったみんなとは違う中学に進学した
  2. 海外サッカー留学
  3. 個人事業主コンサル
  4. プログラミングスクール

こんな感じかな。

まあそこまで大して大きなチャレンジでもないかもしれないが。

小学校で友達になったみんなとは違う中学に進学した

これは多分僕が生きてきた中で一番最初のチャレンジだったと思います。

僕は幼稚園、小学校と同じで仲良くなったみんなとは違う中学に進学することを決めました。

理由は単純で、そっちの中学の方がサッカー部が強いと聞いたから。

僕の家は住所をどこに置くかっていう関係で中学をどっちの中学に進学するか決めれるようになっていました。(詳しいことは今でも知らないし、その当時もそうなんだぁって感じ)

よく対戦する相手チームのコーチに、隣の中学の方がサッカー部強いよと教えていただき、そんな運もあり、そっちの中学のサッカー部の練習参加にも行きました。

この頃はどんな気持ちでその決断をしたとかは、当時の心境はほとんど覚えてないけど、多分ビビリの僕なのでかなりドキドキしていたのかなぁと。

でもこの判断は正解で、新しい親切な仲間や先生にも恵まれて、楽しい中学生活を過ごせたし、サッカー選手としても大きくレベルアップすることができました!

海外サッカー留学

その後、高校、専門学校と進学し、20歳の時にオーストリア(ヨーロッパの方ね笑)に半年間の契約でサッカー留学をしました。

これは高校サッカーを引退し、専門学校に進学するかどうかの時に父が、「この先本気でサッカーするんやったら中途半端なことせんと、海外にでもサッカーしにいったらどうや!」ってお酒を飲みながら言われたもんで。

父世代だと三浦知良選手の影響もあったりして、最初は酔ってて冗談かと思ったんだけど、だんだん話がマジになってきて。

僕が決めたのは、「今のレベルで海外サッカーだと何もできずに終わってしまうと思うから、専門学校2年間でレベルを上げて、その後に海外行かせてください!」

海外留学費その他諸々を全て投資してくれた家族には頭が上がりません。

オーストリアでもチームメイトやマネージャーの方たちに恵まれて、色んな経験をさせて頂いたし、サッカーも半年間でのリーグ戦やカップ戦とすべての試合に出場し、チームに貢献できた。かな?

個人事業主コンサル

僕が留学から帰ってきて、スポーツクラブにアルバイトで入り、資格などを取って個人事業主として働きだす時の話。

TwitterやFacebookを通して見つけたのですが、あるお方に個人事業主トレーナーとしての経営コンサルティングをお願いしました。

どこかの会社の会社員にもなったことがなければ、就職活動すらしたことがない僕が、いきなり個人事業主として集客や自分経営をしていくのは厳しいんじゃないかと思い、安藤宏行さんにTwitterでいきなりアポを取りました。

かなりドキドキしましたが、やっちゃえ!と思い、送信ボタンを押したことを覚えています。一度もお会いしたことがない人にコンサルをお願いするのもなかなかないと思いますが、今思えばよく頑張ったなぁ。笑

コンサル費も何十万と借金をして挑んだ分、自分の仕事についてかなり考える時間ができましたし、売り上げや利益もコンサルを受けてから約2倍にも増えました。

今では既にコンサル量はペイできるようになりました。

安藤さん、その節はありがとうございました!

プログラミングスクール

これはもう前のブログでも書きましたね。

プログラミングってどんなんなのか一回体験してみたかったし、技術としても持っておきたかったスキルなので、無料カウンセリングを受けてから、スクールに入学しました。

これは前回のブログで書いた通り、挫折です。諦めました。

ただスクールに通ったことによって、

①自分がプログラミングに向いていないってことがわかった

②ホームページのトップの作成や簡単なコードを書くことができるようになった(このワードプレスでも英語の羅列が出てきても対応できるようになった)

③インターネットやいつもみんなが見ているWebページなどが、どういったサイクルでスマホに表示されているのかなどの中身を知ることができた

これだけでも十分かな。

挑戦しなければこんな経験をすることもなかったです。

何かに挑戦するために必要なもの!

もう一度言いますが、新しいことに挑戦するために勇気なんて必要ない!

それに挑戦するために「どうしようか。。」って待ってたって勇気なんてものは湧いてこないから。

もう行動するしかないんです。

行動してから勇気が湧いてくるもんなんです。

逆なんです。

ただ何かに挑戦するためには、どんなことがあっても自分で責任を取るという「覚悟」の方が必要だよ。

僕はプログラミングで挫折するまではこんなこと考えたこともなかったけど、挫折から、この「覚悟してかからないといけない」ということを学びました。

そう。必要のものは「勇気」ではなくて、「覚悟」です。

これは、このブログを書く上で伝えておきたいことでした。

損失も多かったけど、気づけることの大きさもまた、失敗することのメリットじゃないかな。



インスタグラムでは皆様に「姿勢改善」「美脚美尻づくり」のためのお得なトレーニング動画を配信しております!下のバナーをクリック🙋‍♂️↓↓↓

おカラダに関してのお悩み相談やご質問は、LINE@から受け付けております!下のバナーをクリック💁‍♂️↓↓↓

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]パーソナルトレーニングのお申し込みはこちら[/btn]

パーソナルトレーナー松方裕之

The following two tabs change content below.
大阪難波・天王寺を中心に活動しているパーソナルトレーナー。クライアントの割合も8割が女性で、その経験を活かし『ダイエットから下半身太り改善』『呼吸トレーニングに焦点を当てた姿勢改善や機能改善』を得意とする。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP