筋トレとピラティスはどちらが姿勢がよくなりますか?

大阪市天王寺(あべの)を中心に、女性のダイエット、ボディメイクに強い。パーソナルトレーナーの松方裕之です☺︎

 

姿勢をよくするトレーニングはたくさんありますが、マシンを使った筋トレとピラティスではどちらの方が姿勢が良くなるでしょうか?

 

筋トレとピラティスではどちらが姿勢がよくなるか?

 

筋トレとピラティスではどちらが姿勢がよくなるでしょうか?

 

結論から言うと、ピラティスです。

 

では、筋トレとピラティスでは何が違うのでしょうか?

 

姿勢に関しての筋トレとピラティスの大きな違い

 

姿勢に関しての、筋トレとピラティスの大きな違いは筋繊維の違いにあります。

 

筋トレで主に鍛えられる筋肉の筋繊維は速筋繊維(そっきんせんい)と呼ばれる筋繊維で、ピラティスで主に鍛えられるのが遅筋線維(ちきんせんい)と言われる筋繊維です。

 

これが1つの大きな違いになります。

 

筋トレで主に鍛えられる速筋線維は、いわゆるパワーの発揮が大きい筋肉ですが、持久力に乏しい筋繊維です。

 

ピラティスで鍛えられる遅筋繊維は、パワーの発揮はそこまで大きくはありませんが、持久力に優れた筋繊維です。

 

人は起きているほとんどの時間を筋肉で支えられていますが、姿勢を保持する筋肉としては長時間一定の筋力を保ち続けられる筋肉を使う方が効率がいいのです。

 

よって筋トレで多く鍛えられる速筋線維よりも、ピラティスで多く鍛えられる遅筋繊維の方が姿勢は良くなります。

 

これはあくまで筋肉や筋繊維でのお話ですが、筋トレとは違ってピラティスの方が、人間本来の正しい動きを習得することができるので、トータルで見てもピラティスの方が姿勢改善トレーニングとしてはかなりの効果があります。

 

まとめ

 

筋トレとピラティスでは、ピラティスの方が姿勢は良くなります!

 

その理由うとしては、筋トレとピラティスで使う筋繊維の違いにあります。

 

そして筋肉、筋繊維以外でみてもピラティスの方がトータル的に姿勢改善トレーニングとしてはかなり効率がいいです。

 

姿勢に関してお困りの方は、一度ピラティスを体験してみてはいかがでしょうか?

 

トレーニングや栄養のことに関してのご質問は、LINE@から受け付けております!下のバナーをクリック↓↓

 

 

 



 

【美脚をつくるためのステップ】(順番に読んでください)

美脚をつくるためのステップ①『評価する』

美脚をつくるためのステップ②『緩める』

美脚をつくるためのステップ③『締める』

美脚をつくるためのステップ④『使う』

 

こちらのシリーズもどうぞ🙋‍♂️↓↓↓

 

【美脚になるためには、ここが重要!】

美脚になるためには、ここが重要!股関節編

美脚になるためには、ここが重要!膝編

美脚になるためには、ここが重要!足関節編

美脚になるためには、ここが重要!体幹編 【おすすめ体幹トレーニングもご紹介】

 

パーソナルトレーナー松方裕之

 

The following two tabs change content below.
大阪市天王寺(あべの)を中心に活動しているパーソナルトレーナー。クライアントの割合も9割が女性で、その経験からダイエット〜美脚美尻づくりのためのトレーニングを得意とする。手厚くわかりやすいサポートであなたの理想の身体へ導きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です