【脚を太くさせない立ち方】“骨盤の後傾”を直して立ち方を変えよう!

大阪市天王寺(あべの)を中心に、女性のダイエット、ボディメイクに強い。パーソナルトレーナーの松方裕之です☺︎

 

前回の記事ではヒールを履いている時のキレイな歩き方をお話しさせて頂きました。

 

前回の記事はこちら🙋‍♂️↓↓↓

【太ももを太くさせない!】ヒールを履いている時のきれいな歩き方は〇〇を安定させること。

 

この記事で骨盤についても書きましたが、今日はその骨盤の後傾についてお話しさせて頂きます。

 

骨盤が後傾するとどうなる?

 

骨盤の後傾とは、骨盤が後ろに傾いていることを言います。

 

 

左が骨盤がニュートラル(正常)の状態で、右が骨盤が後傾している状態です。

 

骨盤が後傾すると、

 

  • お尻がうまく使えなくなる
  • 太もも裏の筋肉が短くなる(筋肉のアンバランス)
  • 胸椎の後弯が大きくなり猫背姿勢になる

 

このようなことが考えられます。

 

お尻がうまく使えなくなる

 

骨盤が後傾するとお尻がうまく使えなくなります。

 

お尻がうまく使えなくなると、立っている時の姿勢や歩いている時の動作などで、脚の筋肉ばかりを使ってしまうようになり脚は太くなります。

 

太ももの裏の筋肉が短くなる(筋肉のアンバランス)

 

骨盤が後傾すると、太もも裏の筋肉が短くなります。

 

前後の筋肉のアンバランスが起きると重心の位置(骨盤の位置)が前方に変化しやすくなり、前ももが張りやすくなります。

 

胸椎の後弯が大きくなり猫背姿勢になる

 

もう1つは、骨盤が後傾することにより上半身はバランスを取ろうとして背骨を大きくカーブさせます。

 

特に背中のラインが大きくカーブすることにより、猫背姿勢を引き起こしてしまいます。

 

 

これがスウェイバックという姿勢です。

 

 

 

骨盤の後傾を直すためのストレッチ

 

骨盤の後傾を直すためには、固くなってしまっている筋肉を緩めてあげましょう!

 

特に太ももの裏の筋肉はしっかりと伸ばしておきましょう。

 

 

  • 仰向けでこのように膝裏を持ち、少しずつ体の方に引っ張ります
  • 太もも裏が痛気持ちいところで止めてあげましょう
  • 引っ張りすぎると腰が丸くなり、必要異常に腰が伸ばされてしまい腰を痛める可能性があるので注意が必要です
  • この位置で20秒とめて深呼吸を行います

 

 

 

まとめ

 

骨盤が後傾すると、

 

  • お尻がうまく使えなくなる
  • 太もも裏の筋肉が短くなる(筋肉のアンバランス)
  • 胸椎の後弯が大きくなり猫背姿勢になる

 

このようなことが起こります。

 

全て美脚から遠のけさせることばかりです。

 

しっかりといい位置で重心を保ち脚を太くさせないために、骨盤の位置を見直し改善しましょう!

 

ピラティスで骨盤の位置を改善するなら下記のどちらかからご連絡ください。

 

 

 

トレーニングや栄養のことに関してのご質問は、LINE@から受け付けております!💁‍♂️↓↓↓

 

 



 

 

【美脚になる!脚痩せ筋トレシリーズ】

【美脚になる!脚痩せ筋トレシリーズ①】ワイドスクワット

【美脚になる!脚痩せ筋トレシリーズ②】ブルガリアンスクワット

【美脚になる!脚痩せ筋トレシリーズ③】レッグプレス

【美脚になる!脚痩せ筋トレシリーズ④】ヒップリフト

【美脚になる!脚痩せ筋トレシリーズ⑤】デッドリフト

【美脚になる!脚痩せ筋トレシリーズ⑥】クラム

 

こちらのシリーズもどうぞ🙋‍♂️↓↓↓

 

【美脚になるためには、ここが重要!】

美脚になるためには、ここが重要!股関節編

美脚になるためには、ここが重要!膝編

美脚になるためには、ここが重要!足関節編

美脚になるためには、ここが重要!体幹編 【おすすめ体幹トレーニングもご紹介】

 

パーソナルトレーナー松方裕之

 

The following two tabs change content below.
大阪市天王寺(あべの)を中心に活動しているパーソナルトレーナー。クライアントの割合も8割が女性で、その経験を活かし『ダイエットから美脚美尻づくりのためのトレーニング』『呼吸トレーニングに焦点を当てた姿勢改善や機能改善』を得意とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です