MATSUブログ

他人より成長スピードを上げたいなら、時間を作れ!

最近は朝早起きすることを頑張っています。昔から本当に朝が弱いもんで・・。

でも朝が弱いって言い訳ですよね。ただ多く寝たいだけってゆう。

朝早く起きてみんなより1日の生産時間を上げることってめちゃくちゃ大事だと、竹花さんから教わりました。

竹花さん曰く、「みんな寝すぎ!みんなが寝てる間に生産的な時間を作って行動してる奴が成功するのは当たり前のことやろ!」と。

確かにそうだ。いいことはどんどん真似していこう!

時間には2つの時間がある。

時間には2つの時間がある。

それが、生産性時間非生産性時間

言葉の意味はもう字を見ただけでわかるとは思いますが、いわゆる何かを産み出している時間とそうでない時間のことです。

生産性時間は主に、仕事をしている時間トレーニングをしている時間カフェでタスクを考えている時間のこと。

逆に非生産性時間とは、寝ている時間飲みにいく時間満員電車での通勤時間などに当てはまります。(通勤時間は人の少ない電車やタクシー、新幹線移動などは生産性時間にもなりうる)

そして問題なのは、世の中の半数以上の人はこの非生産性時間を過ごすのが多すぎること。

そういった人に限って、「私は忙しい」「時間がないからできない」「給料が上がらない」と言う言葉が口癖になる。

これは確かに良くないなと。

人に唯一平等に与えられているものが時間で、この時間の使い方こそが他人との差をつけるためのポイントになりますね。

僕もちゃんと実践しなければ!

時間を作るための3つのポイント

時間はあればあるほどいい!

じゃあその時間を作り出すためのポイントは?

  1. 早起きする
  2. 飲み歩く時間をなくす
  3. スマホをいじる時間を少なくする

あー。それ知ってる!って奴です。

でもこの当たり前のことがなかなかできないのも知ってる。笑

早起きする

昔から「早起きは三文の徳」とはよく言ったもので、これは本当にそう!

人より早く成長したいなら、早起きすべし!

ただ勘違いしてはいけないことは、早起きして作った時間を非生産性時間にしてしてはいけないこと。

つまり早く起きれたはいいものの、その時間をダラダラスマホをいじったり、ボーッとする時間に使ってしまっては意味ないですよね。

その時間を生産的な時間に使うことに意味がある。

飲み歩く時間をなくす

これは個人事業主で正社員として働いたことがない僕が言ってもなかなか信憑性に欠けますが。

上司との無駄にいく飲み。友達とのワイワイして飲み歩く時間。これは時間もお金も勿体無い。

確かに同僚や上司とお酒を交えながらの仕事の話なんかも時によっては生産的な時間になり得ることもあるけれど、そんなことをしなくても普段から素面でコミュニケーション取っときましょうよってことですね。

これを実践することはなかなか難しいです。実際僕も飲みに行く事はある。

ただもっと気をつけておきたいのは、2次会です!

これは本当にもったいない時間だなと思うので、かなり意識しています。

もう最初の席である程度話したなら、もうそこから2次会に行くのはやめましょう!

その時間とお金を使ってできることはたくさんあるはず。

スマホをいじる時間を少なくする

他人のSNSなどを何度もこまめに見るような時間であったり、ゲームをする時間があれば違うことに意識と時間を回しましょう!

特に寝る前のスマホをいじる時間はすごく勿体ないし、睡眠の質の妨げになることもわかっています。

その時間を読書をする時間に使ってみてはいかがでしょうか。

補足として

今まで書いてきたことは時間の作り方や使い方などについてですが、勘違いしてほしくないのは、押し付けではないからね!ってこと。

その人によって楽しいことや価値観ってものは違うから、いくらたくさん寝ようが飲み歩こうがその人の勝手なんです。

これはあくまで僕が本当に大切だなと思って書いていることなので、自分としてはこれを頑張っていこうかなって感じです。

と言うことで、それではまた〜。



インスタグラムでは皆様に「姿勢改善」「美脚美尻づくり」のためのお得なトレーニング動画を配信しております!下のバナーをクリック🙋‍♂️↓↓↓

おカラダに関してのお悩み相談やご質問は、LINE@から受け付けております!下のバナーをクリック💁‍♂️↓↓↓

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]パーソナルトレーニングのお申し込みはこちら[/btn]

パーソナルトレーナー松方裕之

The following two tabs change content below.
大阪難波・天王寺を中心に活動しているパーソナルトレーナー。クライアントの割合も8割が女性で、その経験を活かし『ダイエットから下半身太り改善』『呼吸トレーニングに焦点を当てた姿勢改善や機能改善』を得意とする。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP