MATSUブログ

感覚機能と運動について|クライアントの「できない」を理解しよう!

脳神経系を学習することは同時に運動を学習することにも繋がります。

なのでトレーナーやセラピスト、ボディワーカーの方が脳神経系を学ぶことはかなりおすすめです。

かといって僕も最近それらに手をつけたばかりなので偉そうなことは言えませんが。。毎日おすすめして頂いた参考書を読み漁る毎日です。

話を戻して。

トレーナーやセラピストのみなさんはセッションやレッスンで、「この人は何でこんな簡単な動きができないんだろう?」と疑問を感じたことはありませんか?

例を出すとヨガでもよくある「キャットドッグ」。

背中を丸めたり反らしたりするだけなのに、なぜこんなにぎこちないのかな?という疑問です。

筋・関節に詳しい方は「脊柱の筋肉が固いのだろう」と仮説を立てる方もいるとは思いますが、もしかすると動作不全の問題は感覚機能が上手く働いていないことが原因かもしれません。


私たちが体を動かす過程は、

まず自分の身体や環境についての情報を自分自身に伝え、行為や思考を指示します。

体内の各部位には「受容器」と言われる感覚を受け取る器官があり、その部位から発するエネルギーを受け取ります。

筋肉の受容器はこのエネルギーを電気インパルスに変換し感覚神経線維を伝って脊髄や脳に流れていきます。この脳に向かって流れるエネルギーを「感覚入力」と言います。

脳は受容器からの感覚入力をもとに身体の姿勢や動作を生じさせます。

(感覚統合の発達と支援 著者:A・ジーン・エアーズより引用)


簡単に説明すると、

■情報

■筋肉の受容器

■脳

■筋肉

といった形で様々な電気信号を流しているのです。

人の感覚器官の中でもお腹や腰、背中は感覚を読み取るセンサーが鈍いこともあり、キャットドッグでは背骨を丸めている感覚であったり反らしている感覚が上手く伝わっていないことも一つの原因かもしれません。

クライアントの「できない」を筋・関節の問題だけで捉えるのではなく、体を動かす過程に何か問題があるのではないかという視点も持ち合わせれば、また違った角度からのアプローチも可能になるはずです。




ご興味のある方は是非一度無料カウンセリングをお申込みくださいませ。

パーソナルトレーニングのお問い合わせは、下記のLINE @もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

おカラダに関してのお悩み相談やご質問は、LINE@から受け付けております!下のバナーをクリック💁‍♂️↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は dc90ef2bb78c83c028eddfe09cf661be-300x114.png です

パーソナルトレーニングのお申し込みはこちら


インスタグラムでは皆様に「美脚美尻」「ダイエット」のためのお得なトレーニング動画を配信しております!下のバナーをクリック🙋‍♂️↓↓↓

フォローも宜しくお願いします!!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は yjimage-13-300x157.jpeg です

「Help you in your life ~あなたの人生の助けとなる~」

パーソナルトレーナー 松方裕之

The following two tabs change content below.
大阪難波・天王寺を中心に活動しているパーソナルトレーナー。クライアントの割合も8割が女性で、その経験を活かし『ダイエットから下半身太り改善』『呼吸トレーニングに焦点を当てた姿勢改善や機能改善』を得意とする。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP