【骨盤横の広がりをどうにかしたい!】お尻の横に脂肪がつきやすい人の3つの特徴と改善エクササイズ

パーソナルトレーナーの松方裕之です。

 

お尻の横に脂肪がつきやすくなるのは、ただ単にあなたのカラダの性質上そこに脂肪がつきやすいだけではなく、それ相応の原因があります。

 

お尻の横に脂肪がつきやすい人の特徴としては、

 

  1. 太ももの骨が内巻きになっている
  2. 骨盤にうまく太ももの骨がハマっていない
  3. ①と②の状態で日頃過ごしている

 

と言ったことが挙げられます。

 

太ももの骨が内巻きになっている

 

ひとつ目の原因として、太ももの骨が内巻きになっているということが挙げられます。

 

骨盤と太ももの関節のことを股関節と言います。

 

 

股関節は通常このような形になっています。

 

これは前の記事でもお伝えしているのですが、太ももの骨が内巻きになると、大転子という太ももの骨の外側部分が出っ張ってきます。

 

 

この外側の大転子が出っ張ることにより、お尻が横伸ばしにされたような形になるのです。

 

 

さらに出っ張るだけじゃなく、関節自体がひねられて歪んでしまっているので、うまくその部位が機能しないことによって脂肪も集中しやすくなります。

 

 

↑↑↑

この記事はかなりいろんなところで重宝しています。

 

骨盤にうまく太ももの骨がハマっていない

 

骨盤に太ももの骨がハマっていないことも1つの原因です。

 

これはひとつ目の太ももの骨が内巻きになっていることと同時に起きているケースが非常に多いです。

 

 

股関節はこのように骨盤のポケットのようなところに太ももの骨がハマっているような形をしていますが、股関節周りのインナーマッスルの機能低下により太ももの骨がポケットから離れてしまいます。

 

太ももの骨がポケットから離れてしまうと、形上骨盤が横に広がった形になり、お尻の形が変わってしまうのです。

 

①と②の状態で日頃過ごしている

 

一番恐いのがこれです。

 

最終的に、今まで説明してきた状態で日頃過ごすことにより、どんどんその状態が普通だと脳がインプットしてしまい、この骨盤の形が定着していきます。

 

このような状態で日頃過ごすことにより、お尻の横に脂肪がつきやすいだけでなく、股関節障害にも繋がるリスクがあります。

 

お尻の横の脂肪をとるための改善策は?

 

お尻の横の脂肪をとるための改善策は、根本である食事のコントロールが大切です。(高脂質食を控えたり、特に砂糖や果糖、アルコールといった糖質を控えた食事)

 

今日はこの部分は割愛させていただきますが、また今後の記事に栄養のことも書いていきますね。

 

トレーニングでは、前回の記事で説明したクラムシェルアップダウンが中心になりますが、内もものトレーニングも必要です。

 

お尻のインナーマッスルと内ももの筋肉は太ももの骨を股関節にはめ込む役割をしています。

 

【内もものトレーニングのやり方】

 

目的:太ももの骨を骨盤のポケットに引きつけて安定させる

 

 

横向きもしくは写真のように手をついて体を起こした姿勢から下側の脚を上げ下げするトレーニングです。

 

ポイントはかかと側から脚を上げるように意識することです。この時に内ももに締まり感やだるくなってくるような感覚があるとうまく使えている証拠です。

 

内ももになかなか効いてこない方は、脚を上げたら上で5秒キープしてみましょう!

 

 

まとめ

 

お尻の横に脂肪がつきやすい人の特徴としては、

 

  1. 太ももの骨が内巻きになっている
  2. 骨盤にうまく太ももの骨がハマっていない
  3. ①と②の状態で日頃過ごしている

 

と言ったことが挙げられます。

 

これらを改善することで、お尻の横のラインもスッキリしてきますよ!

 

お尻のインナーマッスルと内ももの筋肉は太ももの骨を股関節にはめ込む役割をしているので、この筋肉の機能を活性化させていくことが大切です!

 

 

おカラダに関してのお悩み相談やご質問は、LINE@から受け付けております!下のバナーをクリック💁‍♂️↓↓↓

 

 

 

パーソナルトレーナー松方裕之

The following two tabs change content below.
大阪市天王寺(あべの)を中心に活動しているパーソナルトレーナー。クライアントの割合も8割が女性で、その経験を活かし『ダイエットから美脚美尻づくりのためのトレーニング』『呼吸トレーニングに焦点を当てた姿勢改善や機能改善』を得意とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です